アイドリング!!!まとめング!!!(アイドル劇場)

アイドリング!!!などアイドル全般の2chまとめです。

>
お知らせ
管理人がすっかりアイドリングヲタになったのでサイト名をアイドリング!!!まとめング!!!に変更致しました。急に全部変わるのもあれなので旧名のアイドル劇場は検索上ではしばらく()でつけておきます
相互させて頂いているサイト様は気の向いた時で構いませんので変更して頂けましたら幸いでございます。尚、アイドリングスレはあまり数が多くないのでどうしてもネタが無いときは今までどおり他グループもまとめたりします。

誤解されてる方がいるようなので追記。管理人はスレ立てはしておりません。

新規の方にオススメ動画↓
アイドリングの事を全く知らない人でも魅力が分かる動画

ヒャダイン

1:2013/10/10(木) 06:17:39.97 ID:
◇横山ルリカ、ヒャダイン賛辞に「ハードル上げすぎないで」
 アイドルグループ・アイドリング!!!の横山ルリカが9日、ソロ第2弾シングル
「Your Voice,My Life」を発売し、東京・池袋のサンシャインシティで
記念イベントを行った。

 ソロデビュー曲から2作連続でプロデュースを手がけたヒャダインこと前山田健一氏が
サプライズで登場。「何来てるんですか? ビックリした。全然気づかなかった!」と
目を丸くする横山に、前山田氏は「発売日おめでとうございます!(2ndシングルは)
本人のファンの方への感謝を歌にしました」と祝福した。

 横山が「Your Voice,My Life」を熱唱する姿を関係者席で見守った前山田氏は
「声出てますねー。すごく魂がこもってました」と絶賛。「マズいところが見当たらない。
あえて難しい曲を作ると練習してくれて、次の壁を超える本当に努力家」とベタ褒めされた横山は
「“うまいうまい”って言って、ハードルを上げすぎないでください」と照れながらも「ヒャダインさんは
私の限界を伸ばしてくれる」と全幅の信頼を寄せていた。

 イベントは10日に大阪・あべのマーケットパークキューズモール、11日に東京・アリオ亀有、
12日に埼玉・大宮ステラタウン、13日に東京・ダイバーシティ東京プラザでも開催される。

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/music/2029549/full/
画像:ヒャダインこと前山田健一氏から賛辞を送られた横山ルリカ



【アイドリング!!!横山ルリカのシングル「Your Voice,My Life」発売記念イベントにヒャダインこと前山田健一氏がサプライズで登場】の続きを読む

1: :2013/04/08(月) 19:18:12.19 ID:
9db0208b

「ヒャダイン」という名義でも知られる音楽プロデューサーの前山田健一さん(32)が、アイドルグループ「ももいろクローバーZ(ももクロ)」の新作アルバムを批判したのでは、と話題になっている。
前山田さんはこれまで度々ももクロに楽曲提供しており、今回のアルバムにも自身が携わった曲が収録されている。それだけに、ファンの間では問題視されているのだ。
「サウンド小難しくしただけ。売れるんでしょうけど・・」
前山田さんは2013年4月7日夜、唐突にこんなツイートを投稿した。
「自分もひと通り聴いたのですが、全く同じ感想です。『進化』てことでサウンドもただ小難しくしただけで、大切な芯を失ったアルバムだと思いました。面白味がない、というか・・。まあ、売れるんでしょうけど・・。」
このツイートは5分と経たずに削除された。誰かにあてたメッセージを誤って公開してしまったようにも見える。前山田さんは約18万人のフォロワーを抱えている。
削除される前に目にした人がツイートを引用する形で拡散、スクリーンショットの画像を2ちゃんねるに貼られる、という事態になってしまった。
13年4月10日発売のももクロのアルバム「5TH DIMENSION」は、テーマが「進化の先にある"5次元"の世界」ということで、多くの人がこのアルバムについての批判ではないかと思ったようだ。
前山田さんあてに「一般の僕らまだ聞いていない人間ばかりですし、このツイート知ったら彼女達が悲しむのでは?」「もし ももクロちゃんの今回のアルバム の事でしたら 気もちはなんとなくわかりますが 今の発言はいささかどうかと……」
「自分の思い通りにならないからってやることおかしくないですか?ももクロの事を本当に思った行動だとは思わないんですけど」などの意見が寄せられた。

>>2
以降へ続く

http://www.j-cast.com/2013/04/08172656.html?p=all

【ヒャダインこと前山田健一さん(32)、ももクロのアルバム「5TH DIMENSION」批判?】の続きを読む

このページのトップヘ